企業が人材を採用する方法とは?

スポンサーリンク

人気のある職業や仕事について

就職や転職を考えた時に、人気のある職業や仕事を選びたいと思うことは一つの選択肢だと言えます。

 

IT器機の会社、医療器具のメーカー、メーカー商社が、人気の高い仕事です。これらに共通して人気がある仕事は営業です。

 

自社の製造商品の営業だけでなく、子会社の保険会社の営業になりたい人も多いようです。

 

IT系の仕事は、営業とは縁遠いと考える人もいるようですが、取引先と条件を詰めて、しっかり話し合う時には営業は大事です。

 

各地の病院を回り、機器類の需要がないか聞く行為は、医療器機関係では大事なことでしょう。

 

新規に自社の医療機器を導入してもらうためには、忙しく仕事をしている医者とアポイントを取る必要があります。

 

毎日、新しいことを学んで、医療器機についての話や、医師からの話も全て理解できるようにしておく必要が出てきます。

 

どの職業も専門知識が必要ですし、簡単に出来るような仕事ではないと思われがちです。

 

営業という仕事には明確なスキルはありませんが、先輩社員のしていることや、自らの経験を通して、テクニックを磨いていきます。

 

知識や経験がある人にしかできない、重要な仕事であるといえるでしょう。人気の職業には色々なものがありますが、特に専門的なスキルや技術を要する仕事に憧れる人が多いようです。

スポンサーリンク

職業の種類から仕事を選ぶ方法

就職活動をスタートする際に、まず自分がどのような仕事につきたいかを明確にすることが大事です。

 

現在、日本国内にはおよそ400の仕事がいるといいますから、そこから一つをチョイスするのは大変です。

 

400以上ある仕事の中で自分に合っている仕事は何か、条件を狭めつつ、自分の中ですっきりくるものほ探すといいでしょう。

 

そもそもお金が欲しくて仕事をしているという人の中には、給料をもらう以外に動機がないような人もいます。

 

高い給料の職業といえば、医師などの専門的な知識を必要とするものが多いです。

 

専門的なことを既に学んでいるのであれば、自分の持っている知識を活かせる職業を選択してみる方法もあります。

 

かつてないリストラがあったり、名の知れた企業が倒産する話もよく耳にします。

 

公務員になることによって、安定した仕事を得られるという考え方もあるでしょう。

 

公務員の採用試験は採用枠によって違いますし、どんな仕事をすることになるかも様々ですので、そのための対策が必要です。

 

仕事の選び方としては、給料や待遇から選ぶのではなくて、やりがいや、適正で選ぶ人もいます。

 

海外で働く職業もあれば、工場で商品を製造する職業など、生活に関わるものまで仕事はいろいろあります。

 

種類は多いので一つ一つ確認してみるとよいです。慌てて決める必要はなく、じっくり検討してから納得がいくまで調べることも大切です。

スポンサーリンク

企業が人材を採用する方法

どのような手段で、企業は、新しい人材を集めようとしているものなのでしょうか?

 

新たな人材を求めている企業は、どんな技術や経験を持っている人物が欲しいのか、どの部門で働いて欲しいかをはっきりさせます。

 

採用までの日程を決めて、採用する人をどんな待遇で受け入れるかなどをはっきりさせてから、求人を出します。

 

採用選考をする時にはまず、履歴書による書類選考が行われる場合がほとんどです。

 

履歴書や、職務経歴所を見た時点で、採用の見込みはないと判断した人には、その時点で不採用の連絡をします。

 

送付されてきた履歴書については、まず最初に基本的な記述の誤りや誤字や脱字が無いかチェックします。

 

悪筆でないほうがいいですが、それよりは、丁寧さが伺える文字であることが大事です。

 

履歴書の内容を確認する時は、今までどんな仕事をして、どんな経験を積んできたかをチェックします。

 

履歴書である程度の人数にまで減らしてから、残った人に対して面接を行います。

 

一次面接や二次面接と内容を変えて判断し、採用する人材がだんだんと絞られていきます。

 

まずは志望動機を話してもらい、マナーができているかを見ますが、面接終盤になると、具体的なポストや役割が提示されて、その仕事ができるかを直接聞かれたりします。

 

その後、合格者を決めると内定通知を出して、企業見学や入社の意思確認が行われます。

企業が人材を採用するポイントについて

採用試験では、履歴書による書類選考や、採用面接がありますが、企業はどんなところをチェックしているのでしょう。

 

希望する企業に就職を決めるためには、企業が面接や履歴書選考でどんな点に着目しているかを理解しておくことが重要です。

 

多くの企業は、協調性のある人物を見極めて、採用したいと考えているようです。

 

協調性が低そうだと判断されると、どれだけ経歴が立派でも、不採用になりがちです。

 

個人ですべての仕事を担当する場合もあるかも知れませんが、複数の社員が力を合わせて業務を担うことがほとんどです。

 

本来、みんなで協力していなければいけないことが、和を乱す人がいるだけで、全くばらばらな状態になってしまうことがあります。

 

わずかなトラブルが発端になって、社内に影響が広がる大被害が起きてしまうことも、珍しくありません。

 

みんなが力を合わせて結果を出せるような仕事の仕方をすることが、会社勤めをしている人が心がけなければいけないことです。

 

企業の中で中心になれる人物とは、自分の仕事ができるだけでなく、チーム全体のクオリティーが高められる人です。

 

この他には、配属したい業務に対する実務経験や実績を持っていることが重視されます。

 

いくら協調性があってもスキルがなければ足を引っ張ることになってしまいます。

 

企業としては、与えられた仕事をずっと続けてくれるような人を探していますから、仕事をする意欲が高く、能動的な姿勢で仕事をこなしてくれる人を求めているものです。

更新履歴